この人との出会い。〜⑥

俺は思いついた事を彼女に話してみた。

『農業やってみようかなぁ・・・。』

驚いたようにする彼女が出した答えは・・・

『いいねぇ!楽しそうじゃん!』でも、その時彼女は仕事も管理職で重要なポストにいて、何より彼女の子供達は小学生と、保育園。俺は、とりあえず1人で行くと話した。

彼女は、離れて暮らす事の方が心配だから一緒に行くと俺に話した。家族は一緒にいないとダメなんだって釘を刺された。(笑)

彼女の家族にも全て話した。

みんな俺の事を応援してくれた。その答えに俺はびっくりした。

普通なら経験もした事がない農業をやるから引っ越します!って話したら許してくれないはず。

まして、娘連れて・・・。何を考えてるんだって怒られると思った・・・。

だけど、宇宙人の彼女の親も、お姉さんもやっぱり宇宙人だった。(笑)

みんな俺を止めない。

『ダメだったら帰って来ればいいじゃない!』って笑いながら話してくれた。

本当に彼女の家族もみんな宇宙人だった。(笑)

でも、宇宙人でよかった。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

俺は何もためらう事もなく家族を連れて農業をやる事を決定!

引っ越し先を決めたり、準備、これもまた彼女がやってくれた。

大変なはずなのにありがとう。どうなることやら (笑)

 

この人との出会い。〜⑤

宇宙人的な彼女と一緒にいるうちに、いつの間にか俺は笑うようになっていた、相変わらず借金は膨れ上がり続けているが、彼女となら何とかなる気がしてしまう・・・一時は自分が生きてる意味がわからなかった・・・自分の価値がわからなかった・・・俺は誰なんだろう・・・アイデンティティが崩壊した・・・。

世の中には色々な人が居る・・・上には上が居る・・・明らかに俺より不幸な話を笑いながら、自虐的にいつも話してくれた・・・何故か不思議と懐かしい気分になったのを覚えている・・・。

今はというと、久しぶりに会う人からは一昔前とは別人のようだと言われる。(笑)もちろんいい意味で。

あの頃と違うのは、物の見方かもしれない。今もなかなかキツイ状況だが、人生レベルで見れば、試行錯誤しながらこのような状況を乗り越えて一気に『飛躍する』言わば人生の一番おいしいところだ。狭い視野で見れば単なる不幸な出来事だが、広い視野で見れば一瞬の出来事であり、自分をがんじがらめにしてきた常識を打ち破り、飛躍できるチャンスだ。本当にそんな風にしか捉えていないのだ。このような見方になれたのは彼女のおかげだろう。

人生の中で彼女に会えなかったと思うとゾッとする・・・。

この人との出会い。〜④

そんな宇宙人な女に惹かれてからどのくらいの日にちが経ったのか・・・俺の中で何かが変わりそうな予感。(((o(*゚▽゚*)o)))

とにかく彼女は「やりたい事ならやりなさい」と俺に言い続けた。そう言われ続けると今やってる事が本当にやりたい事なのかわからなくなる・・・。

事業拡大と自由を狙って社長になってみた結果・・・人材にも恵まれず会社は火の車。家庭は崩壊・・・子供とも離ればなれ。

自分はトラック暮らし。彼女と付き合ってみたものの支える所か金銭的にも、精神的にも支えられてるばかり。( ? _ ? )

こんな事を考えてる矢先にまた・・・今度は荷主が運賃未払いで飛んでしまった!?(泣)

また借金が増えた・・・。もうこうなってからは負のスパイラルが止まらない・・・。彼女に止められるまで未払いの配送を俺は続けていた。色んな事が重なりすぎて頭の回路が停止状態だったんだと思う。

そんな状況でも彼女は「大丈夫!」・・・。

いや・・・俺が大丈夫じゃない・・・。でも、俺の事に一生懸命色んな事をしてくれる彼女。金の工面や、弁護士の手続き他事務関係まで・・・そんな事をしながら育児に家事、自分の仕事まで・・・俺は、この人をラクにしてあげたい!!!

強く思った。

自分の行動で間違えてきた俺・・・残った借金の金額で新しい一歩を踏み出す事を怖がってた。

怖がってた俺を今一生懸命支えてる人がいる。

こいつとなら大丈夫!何があってもやっていける!

いつの間にか俺まで失敗に恐怖感がなくなった。大丈夫って信じる事、言い続ける事!

そして、いつも笑う事。

よしっ!!決めたっ!!・・・☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

この人との出会い。〜③

生きてる人間が彼女みたいに生きれたらどんなにラクなんだろう・・・。どうすれば彼女みたいな考え方になるのか。

彼女はどんなに悲しい時も、大変な時も、辛い時も「大丈夫!」って言い聞かせてきたと話してた。

自分が「大丈夫!」と思えば大丈夫なんです!(笑)

そうは言っても、皆んなそんな考えになれない時が人生には付き物。

自分が辛い時こそ笑っちゃうんだよ!・・・って無茶な事を。(笑)(T ^ T)

自力で笑えないなら、笑わせてくれる仲間の所に行けばいい!そしたら明日からまた頑張れる♪( ´ ▽ ` )ノ

って本当にポジティブ・・・。

こんな話をしてる時だって彼女は俺より寝てないし、働き詰め。

実際一緒にご飯を食べに行った時も、俺の目の前でご飯を食べてる姿のまま・・・フリーズ。いわゆる・・・寝落ち。(笑)

こんな姿は子供ならよく見る光景。

でも、俺の前に居るのは間違いなく30過ぎたいい大人だ。

声をかけて起こすと彼女は笑いながら「寝てた?」って・・・

そりゃそんな生活してれば寝るのも仕方ない。(笑)

よくこんな生活しててこのポジティブな考えが保てるのか。

もしかしたら、俺の目の前にいる人間は・・・宇宙人?

男より男らしいこの女はいったいどうなってんだ?(笑)

どんどん彼女に惹かれていくのが自分でもわかった。

この人との出会い。〜②

彼女から勇気と少しの自信を貰った俺は彼女に興味を持った。考え方が真逆の人に興味があったのかもしれない。

彼女は色んな話をしてくれた。自営業をしてた時の話。

多額の借金が何故出来たのか。その借金をどうやって返したのか。

彼女の生い立ち。今までの付き合った異性の話。

限られた時間で話をするにはツールは電話。話し放題の時代でよかった。(笑)

彼女は子供が生まれてすぐに離婚。その離婚の原因は旦那さんの酒乱だったと話していた。

酒乱の他にも俺と同じ借金。離婚を決めてからすぐに家を出て実家に帰った。その時の所持金は300円くらいだったみたいでその日暮らしをするのに子供を24時間保育に預けて、夜は飲み屋、昼間は保育園に預けて保険屋さん。

その後、独身時代からやっていたトラックに戻ろうとして面接を受けるがことごとく落ちてたみたいだ。

彼女は何十社受けても面接に受からないからめんどくせーし自分で車買っちゃった!って大爆笑・・・俺より見切り発車だ・・・だからって何でそんなにトラックにこだわるのか・・・って質問に「初めてトラックで父親に褒められて、知らない人からありがとう!って感謝された仕事だから。」って・・・単純。(笑)

彼女は考え方がシンプル過ぎる人・・・。人生なんかだいたいが「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えれば何とかなる!って話してる。

でも、間違いじゃないとも思う・・・。(笑)

投稿日:

この人との出会い。

俺の人生の新たな出会い。それは、今の嫁・・・。

これがまた変わっていて「破天荒」と言う言葉が似合う人。

細かく説明するのは難しい・・・。でも、頑張ってみよう。知り合ったのは俺がホームレス生活をしてた頃。ゆっくり話が出来たのはお互いに仕事の合間。彼女も仕事をしていたので、とにかく時間がない。俺も仕事はバカみたいにこなしてきたが彼女は俺より仕事をしていた。

1日の睡眠時間は2時間寝れたらいいほうだ!って笑いながら話す彼女を見て・・・唖然 ( ;´Д`)

彼女の仕事内容も男以上にやってる。決して真似は出来ないし、やりたくない。

彼女に俺の借金の話をした時金額を聞いてあっさり・・・「そんだけ!?」って言われた。有に一千万は超える借金・・・俺はその借金で首も回らなくなってるのに彼女は「なんだもっとあるのかと思った。」って・・・。

彼女はもっと前に俺の借金の倍以上ある金額を完済していたのだ・・・。しかも、同じトラックの自営業で。

彼女は子供が小学校に上がるタイミングで借金も完済して、トラックは売って、運転手としてまたトラックに乗っていた。

自営業で失敗した俺の事を彼女は「尊敬する」と話してくれた。

俺の失敗した話を聞いて、「失敗なんて自分で認めなければ失敗になんかならない。」って楽しそうに話す。

彼女の色んな言葉で救われて、安心したのは確かだ。

こんな俺にだってまだ出来る事はある!

彼女からの「言霊」で俺は勇気と自信を取り戻した気に少しなれた。

クズと呼ばれた俺の快進撃!!だと思う。〜⑧

ぶっ飛んだ思い付きで農業を始めようとした俺。引っ越しもして、知り合い図手に畑も借りた。トラックを乗りながら畑でも作物を作り、出来た野菜は自分で運ぶ。何でそんな発想になったのかは今でもちょっとワカラナイ。( ? _ ? )

畑一反の広さに鍬1つ。人のやる気って時にはものすごいパワーを発揮するんです!

でも、やる気とパワーじゃどうにもならない現実。それは、経験。

俺、農業って知らないんです。・・・(~_~;)いつも運ぶばっかりで作った事は1度もありません。でも、畑を貸してくれた人に手伝って貰いながら何とかほうれん草や小松菜、チンゲン菜を作って出荷しました。(((o(*゚▽゚*)o)))

でも、肉体労働には限界があります。

人間である以上100%「死」に向かって生きてるんです!

時間もゆとりもあって、自由もある。あわよくば金も欲しい。そんな理想的な仕事この世の中にあるのかなぁ・・・

調べました!農業そっちのけで。(笑)

そしたらあったんです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ただ、俺の最も苦手な事をやらなきゃいけないんです。(泣)

それは、『インターネットビジネス』(((o(*゚▽゚*)o)))

俺が今まで求めていた物が全てここにある!つい最近までラインもやった事がない俺が、今必死にパソコンと向き合ってます!

これが俺の人生の快進撃のスタートになる!してやる!やってやるーっ!(笑)

と、まぁ・・・そんな俺44歳。♪(´ε` )

クズと呼ばれた俺の快進撃!!だと思う。〜⑦

物の見事に崩れて行った俺の人生設計。

なんでこうなった?こんなハズじゃなかったはず。

こんな事を考えてる間にもズレた歯車は更にズレて行き、転がるスピードが止まらない。まるで雪崩・・・

嫁とは離婚。夢のマイホームも借金のみ。残ったのはトラック・・・。

日々の生活は全てトラックで過ごした。いわゆるホームレス。でも、雨風はしのげる。よく言えば移動式ワンルーム(; ̄ェ ̄)

体力的にも精神的にも崩壊寸前

『死にたい』とも考えられない状況。完全なる抜け殻。

そんな中知り合った女性。それが今の嫁・・・。同じ運送業で俺より大きいトラックを乗りながら子供を育てるシングルマザー。

初めて会った時はまるでギャル。冗談でも俺のタイプではない。

でも、話をするうちに不思議と惹かれた。その理由は、俺の考え方と真逆な人間だからかもしれない。

極端な人間で、物事を難しく考えない。『やりたい事やればいいじゃん!』って簡単に話す人。

そんな今の嫁の話はまたの機会に・・・。

家の借金、トラックの借金、養育費、他いっぱいの借金を抱えながら生活している中で何かしないと、何も変わらないとずっと考えてた俺・・・。

そーだ・・・農業やろうっ!(((o(*゚▽゚*)o)))

思いたったらすぐ行動*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*⭐︎

クズと呼ばれた俺の快進撃!!だと思う・・・〜⑥

時間的自由、金銭的自由を手にした気になった俺は、次のステップを考えていた。

が、そんなに人生は甘くなかった・・・

やはり人は自分と同じように動いてはくれないのだ・・・

俺は10数年間、仕事に明け暮れた人間だ。しかし予想以上に動けないのだ・・・驚くほどに・・・自分の感覚とこうも違うと赤ちゃんのように思える。

今考えたら当たり前の事かもしれない。今まで違う環境で生きて来た人間がテレビを動かすみたいにリモコンもないのに動く訳がない。

でも、人を雇った事がない俺にはそんな事もわからなかった。人に教えながら、教え方を教わってた毎日。

もちろん時間も一人で動いてる時よりない。(T . T)

教えた通りに動いてくれないから結局俺が走ったり、荷物を作る手伝い。

どんどん時間がなくなっていき・・・あまりにも出来ない運転手を目の前に精神的『余裕』もなくなり、売上も上がらずに赤字になり、とどめに事故3連チャン!(泣)

それも、1週間って短い期間で。(; ̄ェ ̄)

あっと言う間にやる気も、金もなくなりました。

ただっ!こんな俺にも残っていた物があったんです!( ´ ▽ ` )ノ⭐︎

それは・・・喪失感と・・・ストレス。

そして、身内からの半端ないクレーム。(泣)

俺・・・何やってんだろう・・・( ? _ ? )

クズと呼ばれた俺の快進撃!!!だと思う〜⑤

俺は10数年間いわゆる持ち込みドライバーってやつで、ずっと一匹オオカミでワッパを転がしてきた。

何故かと言うと気が楽だからだ。

好きなように仕事をとり、好きなように仕事し、仕事でミスれば自分の責任。

他人のせいにしたりしなくていいから、いがみあう事もない。

どうしても会社の中にいると与えられた仕事をやらなければいけなかったり、あいつのせいだとか、こいつのせいだと責任をなすりつけあったりと、とにかくめんどくさい( ´Д`)y━・~~

なのでひとりが気楽なのだ。

ただデメリットもあって、仕事を休みたくても、用事があっても、親が死んでも仕事が待ってます。

そこで、初めて運送で事業を起こす事を決意!

自分が社長になってしまえばいいのだ!

発動です・・・(((o(*゚▽゚*)o)))

お客さんからは信頼があったため、『俺、運送屋で事業起こしたい』と言うとすぐに協力してもらえる事になり、すぐに動き出した・・・とりあえずトラックと人が居ないと話にならないので、運転手を三人見つけて二台のトラックを死に物狂いで買ってきた。

三台でスタートです。

俺は計画通りにトラックを降りました・・・まだ法人化はしてなかったものの、念願の時間とお金を手に入れた!!

はずだった・・・